« ドバイのスキー場 | トップページ | ODA改革に必要な視点 »

2005年12月18日 (日)

パリでの子どもの連れ出し先

Nikoncoolpix37009405_014日曜日です。子どもをどこかに連れ出さなくてはいけません。
カメラと一緒にパリでお散歩を拝見すると、カフェやマルシェ等パリの街に溶け込んでいて素晴らしいと感心するところしきりなのですが、うちの子供たちはとにかく騒々しいので、のびのび騒げるところに連れ出す必要があります。

写真はシャンドマルス公園のポニーです。この公園にはポニーのほか遊具もあり、幼稚園ぐらいまではのびのび遊べるので、連れ出し先のネタが切れたときなどよく出かけますが、敷地も広いので子どももまあまあ楽しんでいるようです。

写真のポニーですが、たまに街中で出勤途中のポニーに出くわすことがあります。車の多い交差点でもマイペースで歩いている10頭ほどのポニーをみると和みますが、これだけアパートが凝集しているパリ市内のどこにあれだけのポニーを飼うスペースがあるのか、謎です。

|

« ドバイのスキー場 | トップページ | ODA改革に必要な視点 »

育児」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリでの子どもの連れ出し先:

« ドバイのスキー場 | トップページ | ODA改革に必要な視点 »