« サオヒメ残念 | トップページ | 世銀の例に学ぶ »

2006年1月25日 (水)

フランスの外交力

フランスの外交力-自主独立の伝統と戦略(山田文比古著、集英社新書)を読みました。

私自身、フランスがなぜイラク戦争において米国に同調しなかったのか、また仏語圏アフリカ諸国になぜこれほど深くコミットしているのか、開発援助における文化協力の比重がなぜこんなに高いのかなど、フランスについて様々な疑問があったのですが、それぞれにつき明快な回答が書かれており、勉強になりました。

著者は、在フランス大使館公使で、それ以前はフランス国際関係研究所で客員研究員として国際関係やフランス外交について研究しており、その際に得た知識や資料などをもとに書いたということですが、研究成果の一部をこのように新書でわかりやすく示していただけるのは大変ありがたいことです。上に述べた、私と同じような疑問を持っておられる方にお勧めです。

|

« サオヒメ残念 | トップページ | 世銀の例に学ぶ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスの外交力:

« サオヒメ残念 | トップページ | 世銀の例に学ぶ »