« 援助効果向上に関するパリ宣言 | トップページ | パリのサーカス »

2006年2月10日 (金)

ワインなど

_044_1 私は元来ビールが大好きで、フランスに来てからもカフェでビールばかり飲んでいます。中でもLeffeという銘柄のベルギービールが美味しく、しかも職場にせよ自宅にせよ、歩いて1分のところにカフェがあるので、ついフラフラとカウンターに寄って行き「Une Leffe, s'il vous plait!」(レフちょうだい)と言ってしまいます。

他方、ワインについては知識が全くないことから、友人が来たときに適当に買ってくる程度だったのですが、最近、せっかくフランスにいるのだから少しはワインも飲まなければもったいないなと思うようになってきました。レフが日本でも入手可能と知ってからはなおさらそうで、せめて誰かに「お土産にワインを買いたいのだけど、何がよいか」と相談された際に、お勧めできるものが何本かあるぐらいにはなろうかと思います。

写真は、去年の夏、ロワールに行った際にとまった民宿のブドウ畑とワイン小屋です。主に白ワインを作っており、試飲の際、宿の主人が嬉しそうに色々と説明してくれるのをみて、自分が作ったワインを愛しているんだなあ、こういう人生もあるんだなあ、と少しだけフランスに近づいた気がしました。

|

« 援助効果向上に関するパリ宣言 | トップページ | パリのサーカス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

確かにレフのようなビールは日本にはないですね。クロネンブルグ、1664は日本のビールに近いですが、こちらも好きです。暖かくなってきて、夕方テラス席で飲むならレフよりもむしろこちらの2つの方が合っている様な気がします。
さらに夏になって暑くなると、パナシェ(ビールのレモネード割り)が軽くて美味しいですね。早くそういう季節になってほしいものです。

投稿: participant | 2006年2月11日 (土) 22時21分

Leffeは日本のビールにはない、濃くてまったりした味ですよね。ボクはいっつもカフェでは銘柄を指定せずUn demiですませてます。たぶんクローネンブルグ1664あたりではないかと。
生ビール一杯100円そこそこ、ってユーロで少し高くなったのでしょうか。

投稿: 入江たのし | 2006年2月10日 (金) 17時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワインなど:

« 援助効果向上に関するパリ宣言 | トップページ | パリのサーカス »