« 怒れ!国民 | トップページ | 良い馬を提供するインセンティヴ »

2006年4月27日 (木)

Lalunのクロス(もしくはサドベンド)

有芝まはるさんの殿下執務室にSadler's WellsとMill Reefのニックス(有芝まはるさんによれば「サドリーフ」)のことが書かれていました。これに関連して、感じていることをいくつか(といっても、内容は非常に薄いのでご注意下さい)。

Sadler's WellsとMill Reefのニックスについては、マイネルナポレオン(父フレンチグローリー、母の父サウスアトランティック)に出資していた頃からなんとなく気にしていたのですが、その後、オペラハウスの追っかけをしていたりしているうちに、Sadler's WellsとMill Reefのニックスとともに、Sadler's WellsとMill Reefの父Never Bendとの相性が気になってきました。

例えばオペラハウス。産駒を賞金順に並べると上位に

ニホンピロジュピタ(母父ブレイヴェストローマン、その父Never Bend)
オペラシチー(母父ブレイヴェストローマン)
カネトシオペラクン(母父ミルジョージ)
オペラハット(母父ブレイヴェストローマン)

といった具合にNever Bend系の肌馬との間で複数の1億円ホースを輩出しています。活躍馬というほどではないですが、以前出資していたマイネハルモニア(2勝、フローラS(GII)4着)にも母系にNever Bendが入っていました。

フレンチグローリー。あまり活躍馬を出さないまま終わってしまいましたが、上述のマイネルナポレオンのほか、稼ぎ頭であるクラフトマンシップも母の父パドスールでNever Bend系。

また、Sadler's Wellsの直仔ではカーネギーが母の父Never Bendです。

Sadler's Wells系の種牡馬にNever Bendが入った肌だとNever Bend及びBold Reasonの母Lalunのクロスができます。これは以前、ニフティの競馬文化フォーラムで活躍されていたChesterさんに教えてもらったのですが、以来、クラブ募集馬の血統表でLalunのクロスを見つけると「おっ」と思うようになりました。

そんなわけで毎年、ラフィアンやユニオンからカタログが届くと血統表にLalunのクロスを探すのですが、いかんせんSadler's Wells系種牡馬の産駒自体が少ないこともあり、なかなか目にすることがないのが残念です。

|

« 怒れ!国民 | トップページ | 良い馬を提供するインセンティヴ »

スポーツ」カテゴリの記事

ラフィアン」カテゴリの記事

ユニオン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Lalunのクロス(もしくはサドベンド):

« 怒れ!国民 | トップページ | 良い馬を提供するインセンティヴ »