« フリーライド | トップページ | 皐月賞 »

2006年4月14日 (金)

ダイイシスが種牡馬引退

ダイイシスが種牡馬を引退するそうです。

現役時に英2歳牡馬チャンピオンに輝き、種牡馬としてもG1ホースを数多く輩出したダイイシス Diesis(牡26)が種牡馬を引退し、繁養先の米・ミルリッジファームで余生を過ごすことになった。(netkeiba海外競馬ニュース

ダイイシスは、10年程前イギリスに住んでいた頃、産駒のホーリングが大活躍したことや、全兄弟で同様に刃物に由来する名前を持つクリスやキーンが種牡馬として活躍していたことからファンになった種牡馬でした。

それだけにラフィアンで産駒であるマイネルメッサーが募集されることがわかったときには、今年のモンジュー産駒のマイネルクルーガー同様、大いに興奮したものです。○外ということで高額でしたが当時は子どもも住宅ローンも抱えていなかったので思い切って出資したところ、東京スポ杯、朝日杯、きさらぎ賞といった重賞戦線でキングヘイローやグラスワンダー、スペシャルウィークらと一緒に走って入着するなど大いに活躍してくれました。

ダイイシスはこのほかにも多いとはいえない輸入産駒からスギノハヤカゼ、マルカダイシス、マチカネサンシローらを輩出しており、意外に日本向きだったように思いますが彼らを越える馬が出ないうちに引退の日を迎えることになったのは残念です。海外でも産駒の多くが欧州で活躍しているのにずっとアメリカで繋養されており、そういう意味では少し不運な種牡馬だったように思います。

|

« フリーライド | トップページ | 皐月賞 »

スポーツ」カテゴリの記事

ラフィアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイイシスが種牡馬引退:

« フリーライド | トップページ | 皐月賞 »