« マイネルポロネーズ復帰 | トップページ | ガネー賞 »

2006年4月30日 (日)

図説アフリカ経済

453555230409「図説アフリカ経済」(平野克己著、日本評論社、3000円+税)を読みました。

アフリカ経済を多くの統計、図表を使いつつ解説している本ですが、アマゾンのブックレビューにもあるように内容は濃く、しかも構成がよく整理されていて茫漠としたアフリカの諸問題を把握するのに最適な本です。

筆者の一番の力点は、アフリカ経済の発展のためには近代農業革命を実現させ、食糧の増産をもとにした国内市場・域内市場の深化、製造業部門への労働力供給強化が重要というところにあると思いますが、その他、アフリカを論じる際に必ずでてくる地域経済協力や、サブサハラアフリカの経済成長の牽引役となっている南アフリカについても詳しく触れられており、勉強になります。

|

« マイネルポロネーズ復帰 | トップページ | ガネー賞 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図説アフリカ経済:

« マイネルポロネーズ復帰 | トップページ | ガネー賞 »