« Il Cortile(イタリア料理) | トップページ | 役人道入門 »

2006年5月30日 (火)

日本人キャスト求む

昨日、会社に以下のような趣旨のFAXがきていました(原文は仏語)。

  • 次のIBMの宣伝フィルムを撮影するためのキャストを探している。
  • 日本人の男性で30歳~40歳のエグゼクティヴ・ビジネスマン。
  • 応募してくださる方は今日13時から15時の間に○○スタジオに来てください。撮影は次週。
  • 報酬は1000ユーロ
  • あなたの周りの人、友達、家族に適当な人がいたら伝えて!

掲載されている連絡先をgoogleで検索すると、いくつか映画のキャスティングディレクターをやった人の名前が出てきたので、あやしいものではなさそうですが、今日の今日で「来てください」というのはすごいですね。

しかし、ここまでして日本人を使おうとする姿勢は立派といえば立派。どんなにいい映画でもなんでも、日本人という設定なのにそうではない東洋人が出ているとがっかりしてしまいます(例えば「コンタクト」がそうでした。大好きな映画ですが、終盤に出てくる日本の作業員二人・・・なんじゃありゃあ・・・せめて安全第一と書かれた黄色いヘルメットをかぶせてくれ!)。

そういうわけで、この呼びかけにも協力しようかと思いましたが、30台の日本人男性ではあっても到底エグゼクティヴとは言えないので遠慮しておきました。IBM使ってないし・・・。

|

« Il Cortile(イタリア料理) | トップページ | 役人道入門 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人キャスト求む:

« Il Cortile(イタリア料理) | トップページ | 役人道入門 »