« お手軽フランス一周旅行 | トップページ | 実務家ケインズ »

2006年5月 9日 (火)

オカール賞など

Hippodrome_longchamp_011第二次世界大戦終戦記念日で祝日の今日、ロンシャンで仏クラシックの前哨戦であるオカール賞(Prix Hocquart,、GII、芝2200m)が行われました。

Hippodrome_longchamp_012 注目は、Horse Racing Styleのこちらのページですえさんが「仏3歳競馬に新星誕生」と伝えておられる、3連勝中でスミヨン騎乗のGentlewave(父Monsun)でしたが、直線で抜け出し勝ったかに思えたところを伏兵Numide(父Highest Honor)に差されわずかに2着でした(結果はFrance Galopのこちらをどうぞ。写真はGentlewaveを外からNumideが交わそうとする場面)。Numideの差し脚は切れ味鋭く、みていて爽快感を覚えるほどでしたが、負かした相手が人気馬だったということで、周囲のおじさん達は「C'est pas possible!」(あり得ない!)と繰り返していました。

Hippodrome_longchamp_025 オカール賞に続くレースはPrix D'HedouvilleというGIII戦(芝2400m)で、ジャパンカップにも出走したPolicy Maker、英ダービー2着のMontjeu産駒Walk in the Park(左の写真)らが出ており、こちらもなかなかの一戦でした。勝ったのは上記2頭ではなく、スミヨン騎乗のBellamy Cay(父Kris)、2着にペリエ騎乗のSalutino(父Monsun 昨年の伊ジョッキークラブ賞GIで2着)、Walk in the Parkは後方からよく追い込んだものの3着まででした。

Hippodrome_longchamp_034 勝ったBellamy Cayは重賞ではパリ大賞典で5着があるほかは目立った成績のある馬ではありませんが、今日は直線抜け出してからいい脚を長く使っており、今後注目したいと思います。
(写真はパドックでのスミヨンとBellamy Cay)

来週はいよいよ仏のギニーです。観戦できるといいのですが。

|

« お手軽フランス一周旅行 | トップページ | 実務家ケインズ »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

ラフィアン」カテゴリの記事

ユニオン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オカール賞など:

« お手軽フランス一周旅行 | トップページ | 実務家ケインズ »