« 日本のODAは世界の貧困を救えるか | トップページ | 源泉徴収 »

2006年6月 6日 (火)

掃除をする魚

2ヶ月ほど前、転勤になった知人から金魚を譲ってもらいました。

せっかく飼うのだから、と水槽や水草、ろ過装置、蛍光灯といろいろ揃え、環境の変化に伴う金魚の体力の低下(おぐされ病にかかってしまいました)も乗り越えてようやく軌道に乗ったかなと思いきや、今度は水槽があれよあれよという間に茶色い水垢で覆われてしまいました。

水槽がきたなくみえるだけならともかく、水草の葉にも茶色い水垢がはびこる始末なので、こりゃいかんと思って調べたところ、水槽の水垢を食べてくれる魚がいるとのこと。

早速、近所のペットショップにいって「水槽の掃除をしてくれる魚を下さい」とたどたどしいフランス語で言ったところ、3cmほどのニゴイのような魚をくれました。1匹2ユーロ70サンチーム(約390円)。

で、この魚を水槽に入れたところ、「すごい」の一言。ものすごい勢いで水垢を食べ、24時間で水槽の水垢をほぼとってしまいました。ピカピカです。その掃除屋振りにかなり感動しました。

しかし、わずか1日で水垢を食べつくしてしまったこの魚はこれから何を食べていくのでしょうか・・・。

|

« 日本のODAは世界の貧困を救えるか | トップページ | 源泉徴収 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掃除をする魚:

« 日本のODAは世界の貧困を救えるか | トップページ | 源泉徴収 »