« ブライアンズタイム産駒の牡牝の差 | トップページ | 20%クラブと0.2%クラブ »

2006年7月28日 (金)

タイキシャトルの場合

タイキシャトルは今やユニオンの主力種牡馬で、インペリアルナイト、スプートニクといった看板馬を出しています。

そのタイキシャトル産駒の牡牝の差。

  TS牡馬 TS牝馬
  頭数  % 頭数  %
1億円以上 6 8.5% 1  1.0%
5000万円以上 12 16.9% 6  6.2%
1000万円以上 35 49.3% 30 30.9%
全体 71   97  

タイキシャトルの場合、まだ産駒がデビューしてからの年数が浅いので今後この数字は改善していくと思いますが、それでもやはり牡馬と牝馬との間ではかなり差がありそうです。5000万以上では牡馬が約6頭に1頭の割合であるのに対して牝馬では16頭に1頭

2009a このデータからはやはりタイキシャトル産駒も牡馬を買うのが正解となりますが、他方、今年のユニオンにはマークリマニッシュの05という素晴らしい馬がいます(写真。ユニオンHPより)。価格は2100万円と高額ですが、この馬体は16頭に1頭どころか20頭タイキシャトル産駒を並べてもこの馬がNo.1なんじゃないかと思えるぐらい力強く美しいので、悩ましいところです。

|

« ブライアンズタイム産駒の牡牝の差 | トップページ | 20%クラブと0.2%クラブ »

ユニオン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイキシャトルの場合:

« ブライアンズタイム産駒の牡牝の差 | トップページ | 20%クラブと0.2%クラブ »