« ラフィアンにおける牡牝 | トップページ | モーリスドゲスト賞 »

2006年8月 6日 (日)

凱旋門賞ツアー

Hippodrome_longchamp_057_1 ユニオンの会報の亀和田武さんのエッセイにディープインパクトが出走する凱旋門賞の観戦ツアーの話題が載っていました。

それによるとツアーの値段は、最低でも30万1千円(5日間の弾丸観光コース)、ノルマンディーやモンサンミッシェルにも脚を伸ばす8日間コースだと56万3千円だそうです。

結構なお値段ですね。ツアーだから仕方ありませんが、安く上げようとすればこれよりかなり安くすることはできます。

まず航空券は、インターネット経由で大韓航空などの経由便なら8万円台から、エールフランスの直行便でも13万円で買えます。パリのホテルは高いですが、インターネットでBooking.comなどを使って探せば一泊1万円ちょっとのところが見つかるでしょう。そうすれば仮に5泊したところで13万~18万円。

Hippodrome_longchamp_054_1 競馬場まではメトロでいけます。わずか1.3ユーロ。入場料は8ユーロとかそんなものだったと思います。食事代とかいろいろありますが、経由便を使えば15万円もあればOKです。もちろん、パリでの滞在時間を減らせばもっと安くなります。

ちなみに「お金の問題よりも仕事が休めないほうが問題」という方には、エールフランスの「おはようパリ便」(日本の土曜夜に出発してパリに日曜早朝に着く)を使い、日中はロンシャンへ、帰りは同じ日のエールフランスの深夜便(日曜深夜に出発、日本には月曜夕方着)で帰ってくるというプランがあります。

これなら会社を休むのは月曜日だけで済みます。もっとも2日連続機中泊なので、相当キツイと思いますが・・・。

【追記】
この時期は凱旋門賞に限らずパリで各種の催し物があるようで、かなりホテルが取りづらくなっているようですので、個人で来られる方は早めに手配したほうがいいと思います。

|

« ラフィアンにおける牡牝 | トップページ | モーリスドゲスト賞 »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
色々自分なりに調べはしたんですが、いかんせん調べるという事が下手で・・・今まで確信できる情報に辿り着く事が出来なかったので、とてもありがたいです。

投稿: かのう | 2006年8月22日 (火) 09時16分

かのうさん、こんにちは。
お越し頂きありがとうございます。
ご質問頂きました件ですが、フランスギャロの案内を見る限り、例年通り当日競馬場に行って入場料(8ユーロ)を払えば誰でも観戦できます。私は過去2回凱旋門賞を観戦しましたが、いずれも当日に行ってすんなり入れましたので問題ないはずです。凱旋門賞は普段の日に比べれば混雑しますが、それでも日本の競馬場の比ではありませんので、日本からのファンが大挙して押し寄せない限りパドックも十分見られると思います。
その他、もしご不明な点がありましたら分かる範囲でお答えしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: participant | 2006年8月22日 (火) 08時08分

いきなりすみません。
個人で観戦に行こうかと思っているのですが、当日競馬場に行って入場料を払えば誰でも観戦できるのでしょうか?
事前に予約券や入場券みたいなものは必要ないのでしょうか?
教えてください、お願いします。

投稿: かのう | 2006年8月21日 (月) 18時18分

ありがとうございます。そうですよねえ。
米三冠とブリーダーズカップは商業的になっていて例外ですが、ベルモントSだけは、いい雰囲気で好きです。とはいえUAの成田JFK直行便が
なくなるそうで…。それ以前に、最近は急に飛行機に乗るのがまた大変になってきましたけれど。

投稿: 入江たのし | 2006年8月12日 (土) 20時27分

入江さん、こんにちは。

凱旋門賞ですが、過去2回行った経験では入場料のみでパドックも見られますし、レースもメインスタンドで見ることができました。イギリスでは高い入場料を払ってしかもきちんとした服装をしないとパドックも見られないのとは大きな違いです。

あるサイトに「さすがフランスは革命を経ているだけあって平等である」といった趣旨のことが書いてありましたが、なるほどという感じです。その点でいえば、アメリカも緩くてよさそうなものですが、プリークネスSもケンタッキーダービーもモニター観戦のみとは辛いですね。まして遠路はるばる来ているのに…。

話を凱旋門賞に戻しますと、念のためフランスギャロのHPを確認しましたが、例年と同様のようなので、入場料だけで大丈夫だと思います。ついでにその案内を読んで、帽子をかぶっている女性は入場料がタダだということを発見しました。面白いですね。

投稿: participant | 2006年8月12日 (土) 05時01分

ところで、凱旋門賞だけは、全席指定となって、馬場が見られる普通のエリアに入場料だけでは入れない、という噂を聞いたのですが、どうなのでしょうか。実際プリークネスSの行なわれるピムリコ競馬場は、普通に入場すると競馬場のスタンドの中だけで外に出られず、モニター観戦せざるをえませんでした。ケンタッキーダービーも内馬場か、パドックサイド。ベルモントSのベルモント競馬場のみが、普通に立ち見で見られるんですが…。

投稿: 入江たのし | 2006年8月10日 (木) 21時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凱旋門賞ツアー:

« ラフィアンにおける牡牝 | トップページ | モーリスドゲスト賞 »