« メジアンでみる種牡馬の差・性別編 | トップページ | モンパルナスタワーから眺めるパリ »

2006年8月21日 (月)

子どもたちのアフリカ

Photo_1「子どもたちのアフリカ 忘れられた大陸に希望の架け橋を」

朝日新聞の元論説委員でザンビア日本大使も務めていた石弘之氏の著書(岩波書店、1700円+税)。

サブサハラアフリカにおけるエイズや児童労働、少年兵、子どもの奴隷などの諸問題が書かれています。新聞記者のご出身だけあって平易な文章で読みやすいですが、書かれている内容は重いです。

大使を務めていたザンビアでは日本の援助額は年によっては1位であり、実際に携わられた日本の援助の視点からの記述があればもっと良かったと思いますが、巻末には参照資料、参考文献が多く掲載されており、アフリカ社会の問題に触れる入門書として読むにはいい本なのではないかと思います。

|

« メジアンでみる種牡馬の差・性別編 | トップページ | モンパルナスタワーから眺めるパリ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちのアフリカ:

« メジアンでみる種牡馬の差・性別編 | トップページ | モンパルナスタワーから眺めるパリ »