« サンベルナールは11着 | トップページ | ナショジオ海外旅行ガイド フランス編 »

2006年9月 4日 (月)

藤博道氏のコメントに注目

優駿5月号で「牧場別注目馬」という2歳馬特集があり、このなかでビッグレッドファームからは以下の10頭が紹介されていました。

エイシンアイノウタ04(マイネルシーガル)
サトルチェンジ04(パリスフレンズ)
カバティーナ04(マイネルソリスト)
クリスチャンネーム04(マイネルパトリック)
エナジートウショウ04(マイネルダイナモ)
マイネプリテンダー04(マイネルアワグラス)
Breakfast Bay04(マイネルクルーガー)
チェリーラブ04(マイネルレーニア)
ダイワジュリエット04(マイネヴェロナ)
マイネペルレ04(マイネペローラ)

このうち、既に勝ち上がっているのは太字の3頭。これ以外にも新潟2歳Sで2着に入ったマイネルーチェ、同レースに出走したマイネルハーバードやマイネルサニベル等が勝ち上がっており、「2歳戦のマイネル」は健在のようです。

ところで、優駿の特集では、各頭につき牧場スタッフ1名のコメントが載っていたのですが、上記の太字の3頭はいずれもビッグレッドファーム明和の藤博道氏によるもの。まだデビューしていない馬もいて判断するには時期尚早ですが、現在募集中の1歳馬についても、藤さんのコメントを聞いてみたいと思わせるデータでした。

|

« サンベルナールは11着 | トップページ | ナショジオ海外旅行ガイド フランス編 »

ラフィアン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤博道氏のコメントに注目:

« サンベルナールは11着 | トップページ | ナショジオ海外旅行ガイド フランス編 »