« ラフィアン2次募集馬を絞り込む | トップページ | ヴルメリオおしい2着 »

2006年10月 1日 (日)

凱旋門賞を予想する

世間はディープインパクト一色ですね。ここまで一般紙、テレビで連日のようにとりあげられるのはすごいの一言につきます。

そんな雰囲気の中でこんな予想を書くのは気が引けますが、私なら馬券は◎シロッコ、○ハリケーンラン、▲ディープインパクト、△レイルリンクです。

ディープインパクトが稀代の名馬であることに疑いの余地はありませんが、客観的にみて不利な要素が多々あります。

  • 過去、欧州調教馬以外の凱旋門賞馬は出ていないこと。
  • ステップレースを使わないで凱旋門賞を勝ったのは2頭のみ。
  • 凱旋門賞は3歳馬が有利。
  • 過去の勝ち馬はノーザンダンサー系が大宗。
  • 鞍上は日本では比類なき大ジョッキーながら近年の海外遠征の成績はもう一つ。

ディープインパクトはこうした不利を払拭するぐらい強い馬という可能性ももちろんありますが、なにしろレースが凱旋門賞。かつて出走した非欧州調教馬やぶっつけ本番で挑んだ馬達も実力馬たちだったわけで、やはりデータは軽視できません。こうしたことを加味すると、やはり欧州調教馬でステップレースも使ったハリケーンラン、シロッコの2強、3歳馬のレイルリンクが有利ではないでしょうか。

なかでもハリケーンランは昨年の覇者ですし、このレースで強いノーザンダンサー系なのでこの馬が一番手。シロッコは成績もそうですが、それ以上に鞍上がスミヨンというのが大きな魅力です。大レースでのスミヨンは本当に凄い。よって、もし馬券が買えるのならばこの2頭の組み合わせを厚く買いたいと思います。

…とかなんとかゴタクを並べてても、実はゴール前を想像するとディープインパクトが突き抜けているシーンしか思い浮かばなかったりするんですよね。それだけあの馬のレース振りはインパクトがあるわけですが、はてさて、どうなりますでしょうか。

|

« ラフィアン2次募集馬を絞り込む | トップページ | ヴルメリオおしい2着 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。