« 医者と弁護士のドラマ評 | トップページ | ヤラセ質問は保身のなせるワザ? »

2006年11月11日 (土)

タイキニーナ

今日更新された近況だとマイネルヴルメリオは次走はダート1800mを試してみる由。かつて育成段階で同じ父をもつマイネルボウノットに似ているというコメントもありましたが、果たしてどうでしょうか。

さて今日はラフィアンの1歳馬の近況更新日でもありましたが、タイトルのタイキニーナの05(父ワイルドラッシュ)の近況はこんな感じでした。

スタッフが「以前から放牧地で良い動きを見せていた。坂路でも素軽くて力強い」と称える馬。今後の乗り込みが順調に進みそうな芯のしっかりしたタイプです。

タイキニーナの05はワイルドラッシュ産駒に堅実な母系と、それだけで注目に値する募集馬だと思いますが、私の着目ポイントは、母タイキニーナ自身がいわゆる「サドリーフ」(サドラーズウェルズ系×ミルリーフ系)で、その結果Lalunのクロスを持っていることです。母の父フレンチグローリーが不人気の理由とも言われていますが、サドリーフのニックスを持っていることはプラス材料でしょう。

ネックは価格。マイネルクルーガーが先週勝ちましたが、持分は200分の1ですし、次の出資資金を今の獲得賞金で、というにはまだ程遠い状態です。現役陣により一層の奮起を期待、です。

|

« 医者と弁護士のドラマ評 | トップページ | ヤラセ質問は保身のなせるワザ? »

ラフィアン」カテゴリの記事

コメント

JACKALさん、マイネルレーニアの重賞制覇、改めましておめでとうございます。
このような馬を選ばれるご慧眼さすがです。私はあまりに筋骨隆々なカタログ写真をみて、将来硬くなるのではと思ったのですが、素直にこの馬体は父譲りと考えるべきでした…。
来週のヴルメリオには是非ともがんばってほしいところです。ここで勝ってくれると未勝利脱出という意味でも資金繰りという意味でもほっと一息つけますので(笑)。

投稿: participant | 2006年11月12日 (日) 06時54分

こんばんは。

お言葉を添えて頂き、ありがとうございます。

私もタイキニーナは欲しいのですが、厩舎決定の一声を
今か今かと待ちわびています。

ヴルメリオは楽しみですね。コーナー二つの芝の千八と
言うのは一番苦手なようですね、お父さんは。

淀は雨がやみません。明日は渋化するかもしれないです。

投稿: JACKAL | 2006年11月11日 (土) 23時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイキニーナ:

« 医者と弁護士のドラマ評 | トップページ | ヤラセ質問は保身のなせるワザ? »