« 今週はチャンスあり | トップページ | マイネルクルーガー勝つ! »

2006年11月 4日 (土)

学力テストで予算に差

今朝の朝日新聞の朝刊に足立区の教育委員会が小中学校を学力テストの結果に応じて4クラスにわけ、その成績に応じて「特色づくり予算」(学校の自主的な取り組みを支援するもので、申請をもとに外国人講師や補習指導ボランティアの派遣費用などに充てられる)の額を増減させる(上位校は400万円、下位校は200万円)方針を固めたという記事がありました。

解説記事の見出しには「教育機会均等に懸念」とあります。「特色作り予算」という付加的な予算のみが対象ですので、教育機会均等に懸念は大げさだと思いますが(特色作りならばもともと各学校ごとに内容が違うはず)、しかし生徒達も直接的にマイナスの影響を被るインセンティヴシステムを設けるというのはいかがなものかと。また、インセンティヴシステムとしても特色作り予算の増減が生徒の成績の良否に関連があるのかどうか、わかったようでわかりません。

足立区では既に学力テストの結果を学校ごとに公表しており、それ以来、都内23区中の成績があがった(最下位から抜け出した)と報じられています。これは、成績の悪い学校を公表するいわゆる「name and shame」が機能し、その結果各校とも成績不良校の汚名を返上しようと頑張ったと解釈できそうです。であれば、今回のような追加的措置を講じるのではなく、この施策をそのまま続ければよいのではないでしょうか。

なお、朝日の解説には、

区教委が底上げのための政策と説明しているが、それなら、素直に最下位グループに手厚く配分する方が効果的ではないか。

とありますが、手放しには賛成できません。パフォーマンスが低い原因が「予算不足」ならばそれで良いと思いますが、校長や教頭の指導力が低いとか先生の能力が低いとかが理由であれば予算手当ての増額は学力向上にはつながらず、むしろ現状維持(あるいは悪化)の方が予算が増えるのであればパフォーマンス向上のインセンティヴは生まれないでしょう。学力の問題は、予算の増減でどうこうなるような単純なものではないように思います。

|

« 今週はチャンスあり | トップページ | マイネルクルーガー勝つ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学力テストで予算に差:

» 足立区教育予算配分 [プラウドシティ梅島自治会]
『テストに応じて4ランク分け』 11月4日 足立区は小中学校の予算配分をテスト結果で決めることになったと報道されました。 学力テストで予算に差 足立区教委、小中学校4ランクに(asahi.com) 東京都足立区教委は、区立小中学校に配分する07年度予算で、都と区の教委がそれぞれ実施している学力テストの成績に応じて各校の予算枠に差をつける方針を固めた。小学校計72校、中学校計37校をそれぞれ4段階にラン�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 12時35分

« 今週はチャンスあり | トップページ | マイネルクルーガー勝つ! »