« 汚職は文化か | トップページ | 朝日新聞の外務省ワイン報道 »

2006年12月28日 (木)

グリーンラッシーの05

ラフィアンから会報が届き、3次募集馬3頭の詳細がわかりました。

Untitled1 注目していたグリーンラッシーの05(父ハイシャパラル)は、一目で気に入りました。2月産まれで、しかもこの時期の写真ですから立派にみえるのは当然ですが、首差しもよく、トモのボリュームもあり、バランスがとれた綺麗な馬体に見えます。サドラーズウェルズ系のボテッとした感じはありません。膝下が短いのもいいですね。

血統はLalunのクロスがあることに加え、近親に活躍馬が多く、母系としては昨年の3次募集馬マイネルクルーガー(父モンジュー)よりも数段上でしょう。母自身もイギリスで2勝しています。

推定体重は460kgと牡馬にしてはやや小柄ですが、大型馬には脚元への負担や喉なりのリスクがあることを考えれば、私的にはこれはむしろ歓迎です。

というわけで、マイネルレモリーノの補償もあり、今年はこの馬に応募することになろうかと思います。

Naval_affair なお、ついでに同じ母系出身のネイヴァルアフェアの05(父グリーンデザート)の印象も述べておきますと、グリーンラッシーに比べてがっしりした体で、膝下は短くしかも枯れており、こちらも魅力的です。瞳が大きく、顔はこちらの方が走りそうですね。父は実績十分ですし。関西入厩だし。

・・・いかん、迷ってきた(^^;。

|

« 汚職は文化か | トップページ | 朝日新聞の外務省ワイン報道 »

ラフィアン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリーンラッシーの05:

« 汚職は文化か | トップページ | 朝日新聞の外務省ワイン報道 »