« パリ空港の人々 | トップページ | 環境問題は共通の利益 »

2006年12月 8日 (金)

コトー先生の島の重症患者発生率

Dr.コトーは面白いですが、しかし、あれだけ毎週のように身近な、しかも若い人ばかりがガンになったり緊急手術をしたりする事態になるのをみていると、あの島には何かあるんじゃないかと思ってしまいます。

のろいとか、放射性物質とか・・・。

|

« パリ空港の人々 | トップページ | 環境問題は共通の利益 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コトー先生の島の重症患者発生率:

« パリ空港の人々 | トップページ | 環境問題は共通の利益 »