« ハイシャパラルについて | トップページ | 毎日新聞の社説「ODAの戦略化」について »

2007年1月13日 (土)

サオヒメ正念場

調教ではオープン馬並みの時計を出すのになぜかレースで結果が出ない馬がいます。

今日中山6Rに出走するサオヒメもそのタイプです。今週の時計は、

美南W良  64.0  49.8  37.0  12.5 (2) 強 目

この時計と、血統(父サンデーサイレンス、母ハルカゼ)からすれば500万条件ならいい勝負をするものといつも期待してしまうのですが、最近は結果が伴いません。

菊沢ジョッキーは前走後「短距離戦で気を抜かせず走ったほうがよさそう」とコメントしており、1200m戦のここは同馬にとって正念場となりそうです。

|

« ハイシャパラルについて | トップページ | 毎日新聞の社説「ODAの戦略化」について »

ユニオン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サオヒメ正念場:

« ハイシャパラルについて | トップページ | 毎日新聞の社説「ODAの戦略化」について »