« 問題はグローバル化ではないのだよ、愚か者 | トップページ | 直線の魅力 »

2007年1月25日 (木)

階層組織

勤め先の若者2名が立て続けに転職するという話を聞きました。辞める2人にはエールを送りたいですが、同僚を失うというのはさびしいものです。

昨日紹介した「問題はグローバル化ではないのだよ、愚か者」の中の一節にこんなのがあります(強調は引用者)。

一つめ、階層組織は柔軟性にかけ、外部の変化への適応が遅い。情報がトップに届くまでに時間がかかるし、各階層では現状維持にそれなりの既得権があるから、悪い知らせを上層にあげることを躊躇する。

(中略)

二つめ、階層組織に属する人たちは自立して動くエージェントというよりも、情報伝達役であることのほうが多い。これがいちばん裏目に出るのは、働く人々のやる気や動機づけの面だ。だいたい大規模な階層組織はどこでも、暗々裏に、あるいはおおぴらに陰鬱な雰囲気があるもので、とくに本部にはその傾向が強い。大半の人々はやる気の起こらない下層から抜け出られない。激しい変化の時代だというのに、多くの労働者は迅速に革新的な対応をしようという意欲をもてない

若い人たちから辞めていくというのは、単に転職のチャンスが多いからという理由のほかに、上記のような背景があるのではないかと思いました。外資に行く人が多いのですが、転職者の話によると、外資はフラットな組織形態のところが多く、雰囲気も、少なくとも「陰鬱」ではなさそうです。

|

« 問題はグローバル化ではないのだよ、愚か者 | トップページ | 直線の魅力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 階層組織:

« 問題はグローバル化ではないのだよ、愚か者 | トップページ | 直線の魅力 »