« ビッグマックでみる最低賃金の国際比較 | トップページ | 世銀に関する日本のマスメディア報道 »

2007年4月17日 (火)

ウォルフォウィッツ総裁

朝日新聞の記事より。

ワシントンで開かれた世界銀行と国際通貨基金(IMF)の合同開発委員会は15日、世銀のウォルフォウィッツ総裁が、「恋人」の同行職員を給与面で厚遇していた問題で、「強い懸念があり、高度な内部規律の順守を期待する」という異例の声明を採択して閉幕した。

途上国の汚職問題に取り組み、「行きすぎ」という批判もあった総裁が、自らは縁故で恋人の給与を優遇していたというのは、確かに格好のスキャンダルです。

しかし、それにしても同じコミュニケのほかの部分、ミレニアム開発目標を達成するにあたってのジェンダー平等の重要性や、援助協調の促進、ODAの増額の必要性に関することについてはほとんど報道されない、というのは仕方ないのでしょうか・・・。

参考:
開発委員会コミュニケ本文はこちら(問題の箇所は16パラ)
世銀・IMFの日本語版プレスリリースはこちら

|

« ビッグマックでみる最低賃金の国際比較 | トップページ | 世銀に関する日本のマスメディア報道 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウォルフォウィッツ総裁:

« ビッグマックでみる最低賃金の国際比較 | トップページ | 世銀に関する日本のマスメディア報道 »