« 教員給与 査定で20%増減 | トップページ | あんみつ姫 »

2007年4月13日 (金)

対中協力に関する温首相の発言

温家宝首相が国会で行った演説において、対中援助に触れる箇所がありました。

これまでの日本の経済協力などについては、「中国の改革開放と近代化建設は日本政府と国民から支持と支援をいただいた。中国人民は、いつまでも忘れない」と謝意を述べた。(読売新聞より)

2000年に朱鎔基首相が来日した際の経済協力に関する発言は以下のようなものでした。

2000年10月、訪日した朱鎔基総理は森喜朗総理大臣との首脳会談において、日本の経済援助が中国の経済発展、国家の建設にとって大きな助けとなってきていることを高く評価する旨述べました。(駐日中国大使館HPより)

前回の「高く評価する」と今回の「いつまでも忘れない」、この2つには大きな差があるように感じます。対中援助に携わった人々にとっては感慨深いのではないでしょうか。

|

« 教員給与 査定で20%増減 | トップページ | あんみつ姫 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対中協力に関する温首相の発言:

« 教員給与 査定で20%増減 | トップページ | あんみつ姫 »