« 大丈夫かアメリカ | トップページ | ラフィアン2007ラインアップ »

2007年5月 3日 (木)

ペガサス2007ラインアップ

今月号のユニオンの会報に今年の募集馬のラインアップが掲載されていました。

昨年は牡馬が極端に少なくがっかりしたものですが、今年は、去年に続き牡馬の数こそ多くないものの、去年に比べれば魅力的な馬たちがそろった印象を受けます。

「牡馬」、「早生まれ」というクライテリアだけで選ぶと、

プリサイスエンド×ピアノレッスン(1月20日生まれ)
マンハッタンカフェ×グロリアスバラッド(2月13日生まれ)
アグネスデジタル×エッコ(2月20日生まれ)

あたりがひっかかります。

この中での注目は、マンハッタンカフェ×グロリアスバラッドでしょうか。定評ある藤原牧場の生産馬で近親にシングスピールやデヴィルズバッグがいる良血。値段も2,415万円と高いですが、はやく馬体をみてみたいですね。

このほか、3月生まれまで広げると、ロイヤルタッチ×ウメノローザ(ウメノファイバーの半弟!)、ネオユニヴァース×リキサンフラッシュ(テイエムリキサンの弟)らもいて楽しみです。

牝馬勢では、目玉はディープインパクトの近親、マンハッタンカフェ×スターズインハーアイズですが、ユニオンおなじみのサクラバクシンオー×メガミゲラン(チリエージェの下、2月26日生まれ)、アフリート×ミストラルアゲン(スプートニク、バレンソールの下、3月20日生まれ)らも人気を集めそうですね。

個人的には、飛ぶ鳥を落とす勢いのアグネスタキオンを父に迎えたハルカゼの仔(サオヒメの下)も遅生まれながら(5月31日)気になるところです。

|

« 大丈夫かアメリカ | トップページ | ラフィアン2007ラインアップ »

ユニオン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペガサス2007ラインアップ:

« 大丈夫かアメリカ | トップページ | ラフィアン2007ラインアップ »