« 現代の貧困 | トップページ | 対アフリカ支援:日本は合格 »

2007年5月30日 (水)

メゾン・ド・カンパーニュ

財布の中を整理していたら、パリにいたころに行ったレストランのカードが出てきました。

Maison de Campagne
18 2, Rue Pierre Demours, 75017
Paris France
01 45 72 28 51

写真が手元にないのが残念ですが、その名の通りフランスの田舎家をテーマにしたレストランで、いつもきれいな花で飾られていて雰囲気のある場所です。

店内にはワインカーブがあり、その中に入って好きなワインを選ぶことができます。といってもよくわからないので、私の場合は値段が手ごろなものを選んでいただけですが、こうした趣向はなかなか面白いです。

料理はオーソドックスなフランス料理で、肉料理・魚料理とも私には十分おいしく感じられました。

場所はテルヌ広場の近くで、凱旋門からも悠々徒歩圏です。もし今秋にでもウォッカを見にパリに行かれる方がおられればぜひ。

|

« 現代の貧困 | トップページ | 対アフリカ支援:日本は合格 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メゾン・ド・カンパーニュ:

« 現代の貧困 | トップページ | 対アフリカ支援:日本は合格 »