« ラフィアン2007ラインアップ | トップページ | マザー牧場の名前の由来 »

2007年5月 5日 (土)

ブラッド・ダイヤモンド

Poster2紛争ダイアモンドを題材にした映画、「ブラッド・ダイヤモンド」を見ました。

一本の映画の中に、ダイアモンドをめぐる内戦、少年兵、難民、紛争ダイアモンドの密輸、恐怖を植えつけるために行う生きたままの手足切断等、さまざまな問題を盛り込んでおり、こうした問題があることを知っていても、作り物とはいえ映像でみるとかなり衝撃的です。

印象的なのは、途中、主人公たちが立ち寄る村の老人が「石油が出なくてよかった。石油が出たらもっとひどくなる」と語るシーンです。

天然資源が豊富な国ほど経済発展しない、というパラドックスがありますが、それを象徴する台詞でした。冒頭の反政府軍による村の略奪や首都の市街戦の場面をみると、資源をめぐって内戦が起きたら経済発展どころではない、ということを改めて感じます。

映画は、上述のようにいろいろなイシューをとりあげながらもストーリーがよくまとまっており、大変よい出来であると思いました。特にレオナルド・デカプリオの演技はすばらしく、必見です。

|

« ラフィアン2007ラインアップ | トップページ | マザー牧場の名前の由来 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラッド・ダイヤモンド:

« ラフィアン2007ラインアップ | トップページ | マザー牧場の名前の由来 »