« 東京都水道局 | トップページ | 援助の供与停止は有効か »

2007年5月20日 (日)

クルーガー、昇竜Sは9着

さすがにオープンはレベルが高いというべきか。

勝ったヒシカツリーダーのタイムは1分45秒9で、これは同日の12R古馬1000万下のタイムよりもコンマ5秒も速いもの。マイネルクルーガーは9着とはいえ、走破タイムは1分46秒7で、古馬1000万下の2着馬よりも速いものでした。

レース後の武幸四郎ジョッキーのコメントではコーナーリングがぎこちなかったということで、初めての左回りにとまどった可能性もあります。前走よりも着差は詰めており、着順は悪かったものの、次に期待のもてるレースでした。

次は重賞のユニコーンSでしょうか。出られるといいのですが。

|

« 東京都水道局 | トップページ | 援助の供与停止は有効か »

ラフィアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クルーガー、昇竜Sは9着:

« 東京都水道局 | トップページ | 援助の供与停止は有効か »