« 平和インデックス | トップページ | まずまずの成果 »

2007年6月 2日 (土)

敵は除外だけ・・のわけはないが

Prix_de_foy_0071 競走馬がレースに出るまでには、牧場での育成から始まって入厩、追い切りと数々のステップがあるわけですが、いよいよ出走準備が整って「さあ!」というときに、出走希望頭数が多くて思ったレースに出られない、というのはなんともストレスがたまるものですね。

今週は3頭が出走を予定していましたが、まずマイネルクルーガー(父モンジュー)はユニコーンSを除外。登録頭数が半端ではなかったので覚悟はしていましたが、せっかくの重賞、しかも調子は上向いているらしかったので、残念な除外ではありました。次はどこに向かうのでしょう。

サンベルナール(父バブルガムフェロー)は、日曜東京の未勝利戦の芝1400mへの出走を希望していましたが、除外が確実だったので矛先をかえて芝2500m戦へ。「2500m」の文字を見たときはタイプミスかと思いました。もちろん期待はしていますが、一方で「タイムオーバーになったりしないよね・・・」と思う気持ちも。

マイネルヴルメリオ(父バブルガムフェロー)は、抽選を潜り抜けて希望の日曜中京のダート1700m戦へ。タイムを見る限り調教の具合もよく、好勝負が期待できそう。次節からは古馬との戦いになってしまうだけに、ここでいいところをみせてほしいものです。

なお、写真はロンシャン競馬場の子供向けポニー。ガラガラなので待ち時間なし。日曜日は安田記念ですが、すっごい混むんだろうなあ。

|

« 平和インデックス | トップページ | まずまずの成果 »

ラフィアン」カテゴリの記事

ユニオン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敵は除外だけ・・のわけはないが:

« 平和インデックス | トップページ | まずまずの成果 »