« 新宮澤構想 | トップページ | ユニオンの馬たちはなぜ見栄えがするのか »

2007年6月30日 (土)

ネオユニヴァース産駒2頭

競馬中継もみずにカタログみてますが、ネオユニヴァース産駒が気になって仕方ありません。

そこで先日とりあげたユニオンのネオユニヴァース×リキサンフラッシュについて検索をかけたのですが、セレクトセールで主取りになっているのをみつけました。

他方、同じセレクトセールにラフィアンで募集がかかっているネオユニヴァース×ユーキャンフライも上場されていて、こちらはビッグレッドファームが2400万円で落札しています。

ううむ。カタログやDVDを見る限り、両馬それぞれいい馬で、どこに差があるのかわからないのですが、目の肥えたバイヤーたちには「何か」がわかるのでしょう。

普通に考えればプロの目が選んだユーキャンフライの方が有望ということなのでしょうが、募集総額4000万円とお値段はかなり張ります。普通は手が出ません。

リキサンフラッシュも、主取りとはいえ、そもそもセレクトセールに出場できるということがセレクションを通過しているということなので深く気にする必要はないのかもしれませんが、悩ましいところです。

|

« 新宮澤構想 | トップページ | ユニオンの馬たちはなぜ見栄えがするのか »

ラフィアン」カテゴリの記事

ユニオン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネオユニヴァース産駒2頭:

« 新宮澤構想 | トップページ | ユニオンの馬たちはなぜ見栄えがするのか »