« 生物と無生物のあいだ | トップページ | 憲法の力 »

2007年7月28日 (土)

心をわかせる走り

今日は暑かった。60分走を試みましたが、フラフラでした。

私はそんな体たらくでしたが、今日は馬たちが頑張ってくれました。

まずグロリーゲイン(父タマモクロス)は、小倉の未勝利戦芝1800mで牡馬に混じっての5着。しかも先頭からはわずか0.4秒差。ちなみに単勝オッズは280倍以上ついていました。

この馬についてはデビュー以来2ケタ着順が続いており、正直なところ能力的に厳しいのかなあと思っていたところでしたので、今日の一変ぶりは嬉しい驚きがありました。一杯になりながらも全身を使ったアクションでしぶとくゴールを目指す姿は、全兄シュアハピネスを彷彿とさせます。残り時間が少ないのがなんともはや。

高千穂特別(芝2000m)に出走したマイネルクルーガーは2着。圧倒的1番人気のバブルウイズアランには適いませんでしたが、今回もMontjeu産駒らしい息の長い末脚を使い、すっかりレース振りが安定してきました。この分ならこのクラスを卒業するのも走遠くはなさそうです。

|

« 生物と無生物のあいだ | トップページ | 憲法の力 »

ラフィアン」カテゴリの記事

ユニオン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心をわかせる走り:

« 生物と無生物のあいだ | トップページ | 憲法の力 »