« ジョギングは非フランス的? | トップページ | サオヒメとサンベルナール »

2007年7月12日 (木)

Volvicの給水キャンペーン

かつてこういうエントリをしたことがありましたが、このキャンペーンを日本でも、との声が届いたのか(なわけはないですが)、Volvicの売り上げの一部がユニセフを通じてマリでの給水プロジェクト資金になるという企画が始まりました。

詳しくはこちら

素晴らしい企画だと思います。活動レポートをぜひ読んでみてください。

なお、このページをみていたら、FAQが興味深いことを発見しました。

Q 1ボトルあたりの寄付金はいくら?

A ボルヴィックは、プログラムを通じて7億リットル以上の清潔で安全な水を供給することを目標としており、ユニセフへの支援は約4000万円程度を見込んでプログラムをスタートしています。
本プログラムは、アフリカの水と衛生に関する問題への消費者の皆様の関心と理解を高めることが目標のひとつとして掲げられています。
プログラムに参加いただいた際の貢献をよりご理解いただくために「1ℓ for 10ℓ」という言葉で表現させていただいており、また、支援活動にも井戸の掘削のほか、水と衛星に関する教育、井戸のメンテナンスやトレーニングなど幅広い活動が含まれて降りますので、1ℓあたりの支援額を算出することは適切でないと考えています

ええー?

私も「想定問答」というやつを書くことがありますが、この答えはあんまり・・・。

ただ、このFAQ、こんな問いもあったりして、聞かれたら困る問い立ても用意しているところはなかなかのものだと思います。

Q テレビCM撮影時に演技指導を行っているのでしょうか?

A 当初、井戸を建設したときの喜ぶ姿を、CM撮影時に再度表現してもらいました。

いずれにせよ、明日からミネラルウォーターを飲む際はVolvicを選ぼうと思います。Vittelも「Bonjour Paris~」のコマーシャルが好きなので捨てがたいですが。

|

« ジョギングは非フランス的? | トップページ | サオヒメとサンベルナール »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Volvicの給水キャンペーン:

« ジョギングは非フランス的? | トップページ | サオヒメとサンベルナール »