« 会報のあり方 | トップページ | 援助よさらば »

2007年8月31日 (金)

エアパシフィックの機内誌

Fiji2007_0281 先週、フィジーに行ってました。

海がきれいで、シュノーケリングでも珊瑚や魚がよくみえて楽しかったのですが、それ以上に印象的だったのが夕陽です。毎夕、写真のような感じで、なんとも言えないきれいな色でした。

フィジーにはエアパシフィックというフィジーの航空会社の直行便が出ています。所要8時間半。

エアパシフィックの機内誌は、開発が重要な課題である国のフラッグキャリアであることを反映してか、機内誌によくある紀行文等に加えて開発関連の記事がいくつかあって面白かったです。

ひとつは外資ホテルへの食料品のサプライチェーンをフィジー内に作って雇用の創出と外貨の流出を防ごうという記事。レストランで出される南国のフルーツも実は海外から輸入されているケースが多く、それを改善するべく試験的に果物や野菜をフィジー国内で栽培したところ、これがうまくいっているという話でした。

もうひとつは、西太平洋の豊富な漁業資源(特にマグロ)を開発に役立てるべく、現在外国の漁船に漁業権を与えているだけになっているのを、自国の漁業を効率のよい漁法を導入して活性化させ、缶詰などの水産加工業を国内に作ろうという記事。これはEUのDevFishという援助プログラムの紹介です。

その他、観光大臣のインタビュー、UNFPAが出した都市化を経済発展の原動力として肯定的に捕らえようというレポートの紹介と島嶼国へのインプリケーションについて書いた記事もあって、なかなか硬派な内容で勉強になりました。

|

« 会報のあり方 | トップページ | 援助よさらば »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアパシフィックの機内誌:

« 会報のあり方 | トップページ | 援助よさらば »