« 援助に関する日中政府間協議の意義 | トップページ | 世銀のロジスティクスパフォーマンス指標 »

2007年11月10日 (土)

福島の内枠は

前走、レース前放馬で除外されたマイネルヴルメリオが再び福島で捲土重来を期します。

福島はご承知のとおり馬場が相当荒れてきており、先週のレースをみていても芝コースではほとんどの馬が馬場の外側を通っています。そんな状況では内枠は不利なのですが、今日のマイネルヴルメリオは1枠2番…。

これは苦しいか、と思っていたら、今週の競馬ブックの中館騎手のインタビュー記事で、「ここのところみんな外ばかり通っているから、案外内側の方が状態がいいかもしれない」という趣旨の記述がありました。

もしそうだとしたらこの枠はむしろ有利ということになりますが、はてさて。

鞍上の佐藤哲騎手は、生涯成績の連対率は18.5%ですが、福島の芝レースに限定すれば25.5%。このあたりにも期待ですね。

【レース後追記】

4着。先行勢をみながらうまいレース運びでしたが直線で伸びを欠きました。勝ちパターンかと思いましたが…。

1,3着はマンハッタンカフェ産駒。2000mは長距離とはいえませんがスタミナを要するレースだったのかもしれません。

|

« 援助に関する日中政府間協議の意義 | トップページ | 世銀のロジスティクスパフォーマンス指標 »

ラフィアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島の内枠は:

« 援助に関する日中政府間協議の意義 | トップページ | 世銀のロジスティクスパフォーマンス指標 »