« ヴルメリオ レース回顧 | トップページ | ユニオンの当歳募集2頭 »

2007年12月 4日 (火)

日本はなぜ地球の裏側まで援助するのか

Whyjapanprovideai 朝日新書から出たばかりの「日本はなぜ地球の裏側まで援助するのか」(草野厚著、740円+税)を読みました。

タイトルの疑問への答えについては、第1章と第4章、第9章でふれられていますが、分量的に多くはなく、タイトルをみて「なぜ日本は援助をしなければならないか」についてのみ答えを期待する読者は肩透かしをくらうかもしれません。

では本書は読む価値がないかというと決してそんなことはなく、日本のODAをとりまく昨今のアジェンダが包括的にまとめられており、予算の状況、実施体制改革の現状、最近の援助潮流など、新書でこれだけ内容が盛りだくさんであれば、入門編としては十分すぎるほどで、ぜひ多くの人に読んでもらいたい本です。

なお、著者の草野慶応大学教授はよくテレビに出演されていますが、「第8章 経済協力へのさまざまな批判」ではテレビやマスコミで報じられるODAの報道が一面的であったり恣意的であったりすることを指摘しています。報道された問題案件の現地に飛び、事実を確認するくだりは著者の面目躍如といった趣があります。

|

« ヴルメリオ レース回顧 | トップページ | ユニオンの当歳募集2頭 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本はなぜ地球の裏側まで援助するのか:

« ヴルメリオ レース回顧 | トップページ | ユニオンの当歳募集2頭 »