« 徴兵制度のコスト | トップページ | 日本はなぜ地球の裏側まで援助するのか »

2007年12月 3日 (月)

ヴルメリオ レース回顧

中京で出走したマイネルヴルメリオは7着に敗れました。

5番人気だったのでブックの短評に載るかと思い、駅の売店で購入しましたが短評、騎手コメントともになし。これなら買わなきゃ良かった。

というわけでブックに頼らず自分なりにレース回顧をすると、後方から進み、向こう正面から早めに進出してマクるという騎乗は悪くなかったと思います。が、この相手と現状の力ではその作戦は通じなかったということでしょう。

ヴルメリオの近走のTargetの指数はあまり良くなく、対して上位に来た馬は着順も指数も好成績を残している馬たちでした。ヴルメリオ自身も調教で最後バテてしまっていたように完調ではないようなので、ぜひ調子を取り戻して本来の走りをみせてほしいものです。

|

« 徴兵制度のコスト | トップページ | 日本はなぜ地球の裏側まで援助するのか »

ラフィアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヴルメリオ レース回顧:

« 徴兵制度のコスト | トップページ | 日本はなぜ地球の裏側まで援助するのか »