« 国家は、いらない | トップページ | グローバル指向のハト派 »

2008年2月20日 (水)

社会変革に要する時間

最近、i-podでBBCラジオニュースを聞いています。

さすがBBCというか、大事なニュースを、しかもバランスのとれた伝え方で報道しているので勉強になりますし、何より視野が広がります。

ここのところケニアやパキスタンなど、イギリスの旧植民地において選挙をめぐる混乱が続いていますが、最近のBBCニュースでも何度か西側が押し付ける民主選挙は途上国には根付かないのか、という短い討論をやっていました。

その中で発言者が、民主政治はまずhome grownでなければならない、という前提をおきつつ、フランスでもイギリスでも民主政治が定着するまでには100年単位の時間がかかっており、アフリカや南アジアでも安定した民主制が定着するまでには相応の時間がかかるものであるということを理解すべきだ、という趣旨のことを言っていました。

人間の一生は短いので、MDGsの達成にしても民主政治の定着にしても早期に結果を求め勝ちですが、先進国がかつて成し遂げた以上のことを途上国は今要求されているという認識をもっておくべきではないかと思います。

|

« 国家は、いらない | トップページ | グローバル指向のハト派 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会変革に要する時間:

« 国家は、いらない | トップページ | グローバル指向のハト派 »