« はじめて読むドラッカー | トップページ | 競馬への課税強化は人を幸せにするか »

2008年3月17日 (月)

湘南国際マラソン

20080316085437 湘南国際マラソンを走ってきました。

なんとか完走しましたが、武士の情け、タイムは聞かんでください・・・。

2月は風邪で走れず、3月も年度末で仕事が忙しくて走れず、それでもまあなんとかそれまでの貯金でなんとかなると思ったのですが、思った以上につらかったです。

よく「その日はもう二度と走るものか」と思うが、翌日になるとまた出たくなっている、と聞きますけど、今のところそのような気持ちはわいてきません・・・(笑)。

|

« はじめて読むドラッカー | トップページ | 競馬への課税強化は人を幸せにするか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやあ、ありがとうございます。ゾンビ歩き、言い得て妙ですね。今日は多少復活しましたが、一番辛かったのはレースの後、スタート/ゴール会場だった大磯ロングビーチから二宮駅まで3km歩かなければならなかったことです…。
家に帰ると子供が「パパ何着だった?」と聞いてきて、答えに困りました。まともに答えると6000着ぐらいでしょうか。ははは。仕方がないので「どういうレースだったか」を説明しました。

投稿: participant | 2008年3月17日 (月) 23時16分

お疲れさまでした。何はともあれ無事完走おめでとうございます。
ゾンビ歩きにはなっていませんか? 私の初マラソン翌日はまさに
ノロノロ歩いていました。でもホノルルの街中そういう人があふれて
いたので気にはなりませんでしたが。レース後「何時間だった」と
質問する人はマラソン経験のない人。展開を聞いてくる人は経験者、
だと思います。それはまるで競馬において「何着だったか」と
「どういうレースだったか」ということに似ているかも知れません。

投稿: 入江たのし | 2008年3月17日 (月) 14時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南国際マラソン:

« はじめて読むドラッカー | トップページ | 競馬への課税強化は人を幸せにするか »