« アメリカの平和部隊を巡る議論 | トップページ | ラフマニノフ 愛の調べ »

2008年5月 3日 (土)

クルーガー復帰戦

期待馬、マイネルクルーガーが京都競馬場の紫野特別(芝1800m)で復帰します。

週半ばの情報では東京の陣馬特別(芝2400m)を予定しているとのことだったので、久々に府中に行くぞ!と思っていたのですが、まあ仕方ありません。

休養明けですし、馬体がコンパクトなわりにどちらかというと使い込みつつのタイプなので目標は掲示板ですが、鞍上も藤田伸騎手ですし、いいところをみせてほしいものです。最近、直線で興奮することから遠ざかっているもので…。

それにしても今日の八重桜賞のマイネルファルケは強かったですね。ムタファーウェク産駒らしからぬスピードで、あれは母譲りですね。

【レース後追記】

スタート直後に右にヨレてはっとしましたが、態勢を立て直して軽快に先行。逃げるダイシングロウにはうまく逃げられてしまいましたが、直線はこの馬もよく伸びて3着以下の追撃をかわし、2着。行った行ったの展開に助けられた面があるとはいえ、力のあるところを見せてくれました。久方ぶりに出資馬がらみの馬券もとれてうれしさも倍増です。

天皇賞は、オペラハウスファンなので例によってメイショウサムソンを応援していましたが、惜しい2着。地団駄踏んで悔しがりましたが、ラスト100mで詰め寄った脚にはしびれました。

|

« アメリカの平和部隊を巡る議論 | トップページ | ラフマニノフ 愛の調べ »

ラフィアン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クルーガー復帰戦:

« アメリカの平和部隊を巡る議論 | トップページ | ラフマニノフ 愛の調べ »