« 今年は迷いませんでした | トップページ | 脳と気持ちの整理術 »

2008年6月29日 (日)

ユニオンカタログ来る

仕事で徹夜明けで帰ってきたらユニオンのカタログが到着していました。今年は発送時期が遅くて待たされた感がありますが、その分、冬毛が残っているような馬は少なくて見栄えがします。

グランド牧場から10頭の提供があったこともあって、数年前の「関東入厩予定牡馬が4頭だけ」の頃に比べるとかなり充実したラインアップになっているように思います。

パッと見で惹かれたのは、バゴ×シャドウスプリングの牡馬、フジキセキ×チカリーの牝馬、アルカセット×ミストラルアゲンの牡馬(スプートニクの半弟)など。

バゴの子供は、自分が凱旋門賞を実際に観戦したから、という心情的な部分も大きいのですが、最近躍進著しい日進牧場の提供馬であること、所属馬が堅実な活躍をしている佐々木昌三厩舎であること、早生まれであること、馬体も肩の角度が寝ていて窮屈なところがないところなど、魅力に感じる部分が多いです。

ミストラルアゲンの牡馬は、種牡馬の特徴を出すミストラルアゲンの子供らしくスプートニクにはあまり似ていませんが、しっかりした馬体と顔の良さが印象的です。

今日は阪神でマイネルヴルメリオが出走し、1着と同タイムの3着。いやあ、直線は興奮しました。ヴルメリオはここにきて調子を取り戻してきており、この分であればまだまだ活躍が見込めそうですね。一時期はこのまましぼんでしまうのか、と心配したものですが。

日曜は、サンベルナールが福島で、マイネルクルーガーが阪神で出走します。私が出資している現役馬は4頭ですが、そのうち3頭が同一週に出走するというのはめったにないことなので、充実した週末になりそうです。サンベルナールはまず障害戦でのめどを、クルーガーはこのメンバーでは抜けているのでここは勝ち上がりを期待しています。

【レース後追記】

サンベルナールは、果敢に飛び出していくも最初の障害で遅れ、その後少しずつ順位を落としていき、結局7着。ただし、これまで比べて遅れだしてからは少しねばっていたように思います。相手もあまり強くなかったにせよ、少し進境がみられたのでよしとしましょう。

一番人気に支持され、必勝を期したマイネルクルーガーは、4コーナーで先頭に並びかけるも、逃げる馬をつかまえられないどころか後ろから来た3頭にもかわされ、まさかの5着。当然勝ち負けと思っていたので、これにはさすがにがっくり…。一応、タイムだけなら宝塚記念のロックドゥカンブを上回っているのですが、まあむこうは最後は追っていないでしょうし、あくまで参考ではありますが。

5着 マイネルクルーガー 四位洋文騎手
「最初ちょっとハミを噛みましたが、道中は手応えよく楽に勝てると思ったくらいでした。それが直線では全く抵抗できなかったですから・・・。どうしたんでしょうねえ」
(ラジオNikkei競馬実況中継HPより)

いや、ほんと、どうしたんでしょうか。ううう。

|

« 今年は迷いませんでした | トップページ | 脳と気持ちの整理術 »

ラフィアン」カテゴリの記事

ユニオン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニオンカタログ来る:

« 今年は迷いませんでした | トップページ | 脳と気持ちの整理術 »