« 政府開発援助の欠点をNGOの支援はカバーするか | トップページ | 心拍の変動パターンでケガが予測できる? »

2008年6月 8日 (日)

マイネルクルーガー休み明け3戦目

なんども言うようですが、募集開始前のこの時期の一戦は重要です。先立つものがないと…。

そういうことで、今日の木曽川特別のマイネルクルーガー(父Montjeu)にはいつも以上に期待がかかります。前走、前々走が2着、2着と来ていますから、こんどこそは1着を期待したいところです。

2500mは一度中山で経験して5着に敗れていますが、その際は向こう正面から一気にしかけていってしまい、終い脚をなくしてしまったものですので、今回は四位騎手が普段通りに騎乗してくれれば大丈夫でしょう。決めてに欠けるので、どうしても誰かに差されてしまう、というところが懸念点ではありますが。

さて、安田記念。ここのところ日本から香港への遠征馬が不振であることに鑑みれば、グッドババアルマダブリッシュラックの香港勢はかなり強力であると思うのですが、どんなものでしょうか。

というわけで、グッドババを軸に相手は香港の2頭、スーパーホーネットスズカフェニックスウォッカコンゴウリキシオーまで。

【レース後追記】

クルーガーはまたもや2着。この3戦、常に逃げ馬を捕まえ切れずに惜敗してますね…。よく「1000万クラスで入着を繰り返すような馬がいい」といいますが、実際には、やはり勝てそうで勝てないと…ねえ。人間の欲は深い。でもよく頑張ってくれました。感謝、感謝です。

安田記念のウオッカには、ダービーの時と同様、鳥肌が立ちました。この馬、本当にすごいですね。前走のヴィクトリアマイルはなんだったのか。

コンゴウリキシオーを交わしたときにあまりに脚色が違ったので、てっきりコンゴウリキシオーが一杯になったのかと思いきや、コンゴウリキシオーは2着争いに残っていたことからも、ウオッカの切れ味のすごさがわかりますね。いいものを見ました。

馬券は縦目。香港馬は人気薄をねらえ、の格言を忘れてました…。

|

« 政府開発援助の欠点をNGOの支援はカバーするか | トップページ | 心拍の変動パターンでケガが予測できる? »

ラフィアン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイネルクルーガー休み明け3戦目:

« 政府開発援助の欠点をNGOの支援はカバーするか | トップページ | 心拍の変動パターンでケガが予測できる? »