« 援助機関はどの程度有効か | トップページ | インドの宇宙開発と経済発展 »

2008年10月29日 (水)

ゴーゴーイチの07

競馬ブックの2008オータムセールのセリ結果をみていたら、父オペラハウス、母ゴーゴーイチという1歳馬の購買者の欄に(有)ビッグレッドファームの名前が。

わお。

これは心の愛馬、マイネルシアターの全弟になります。シアターは96年生まれですから、11歳も年下の弟になります。いつの間にそんな月日が…(遠い目)。

いやー、この馬、3次募集にかからないですかねえ。5月26日生まれと遅生まれなのは気がかりですが、大好きなオペラハウス産駒、しかもシアターの全弟となれば話は別です。

チアズダンサーに出資できなかったのは、このための布石だったのか。結局募集されずに、他の馬はみな売り切れ、という流れになるのが怖いですが。

なお、私がオペラハウスをいかに評価しているかについては、こちらをご覧ください。

|

« 援助機関はどの程度有効か | トップページ | インドの宇宙開発と経済発展 »

ラフィアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴーゴーイチの07:

« 援助機関はどの程度有効か | トップページ | インドの宇宙開発と経済発展 »