« 日本の援助、今後の課題 | トップページ | 世界を不幸にするアメリカの戦争経済 »

2009年1月 3日 (土)

全員が合格する入塾テストの保有効果

近くにマスコミで取り上げられるような評判のよい中学受験の進学塾があります。

そこの塾に入るには、入塾テストを受ける必要があるのですが、試験で落ちる子はほとんどおらず、全員合格できることになっているとのこと。

ではなんのために入塾テストがあるのか。不思議に思っていましたが、テストの結果発表があり、入塾可能との連絡がきてその理由がわかりました。

いや、主催者側にはその意図はないかもしれませんが、テストを受けて「入塾できますよ」と言われると、全員入塾可能な名目的な試験にもかかわらず、「せっかく受かったのだから、この権利を手放したくない」という、行動経済学でいうところの「保有効果」が発揮されるのです。

実は、私自身は中学受験の経験がなく(高校まで公立学校)、小学校4,5年生のころから毎日夜の8時、9時まで勉強させるのはやりすぎと思っており、中学受験に対してもネガティヴな印象を持っているのですが、「テストに受かった=入塾資格ができた」ことがもたらす保有効果は大きく、このチャンスを生かすべきか否かで相当迷いました。

結局、「保有効果に惑わされていかん」と入塾の勧誘は断ったのですが、しばらくは後ろ髪を引かれました。保有効果、おそるべし…。

まあ、それはそれとして、子供の教育というのは頭を悩ませますね。

|

« 日本の援助、今後の課題 | トップページ | 世界を不幸にするアメリカの戦争経済 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

しーさん、あけましておめでとうございます。
中学受験、経験者はやったほうがいいというし、未経験者はやらなくてもいいというし。まあ、人生それぞれということで、どっちに進んでもそれが正解ということなんだろうと思います。

猫は、やっぱり大変だろうと思います。その点、メダカは楽です。結構悪環境にも耐えますね、彼らは…。

投稿: participants | 2009年1月 4日 (日) 10時58分

あけましておめでとうございます。

おたくのチビックも、もう中学受験を考える年齢ですか!
こちらも歳をとるわけだわ。。。
そして悩みも尽きない?
子育ては本当に奥が深いようですね。

その点、我ら猫のとーちゃんかーちゃんは気楽です。
(いえ、本当はそうでも無かったりするけど(T_T)

投稿: しー | 2009年1月 3日 (土) 22時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全員が合格する入塾テストの保有効果:

« 日本の援助、今後の課題 | トップページ | 世界を不幸にするアメリカの戦争経済 »