« 政策官庁の足腰 | トップページ | 相手が強いいい »

2009年1月24日 (土)

規約

一口馬主掲示板に、ホクトスプライトの07が急に満口になったことに関連して、ラフィアンでは走ると思った馬を募集終了にすることが過去にあった、という書き込みがありました。

総帥自身がそう言ったということですが、真偽のほどはともかく、そんなことができるのかとラフィアンターフマンクラブの規約をみてみると「3.商品投資受益権の販売に関する事項 (5)出資申込期間及び取扱場所 ①申込期間」のところに以下の記述があります。

ただし、以下の項目のいずれかに該当した場合には、その該当した時点を以て申込を締め切ります。
・愛馬会法人からクラブ法人に対して当該出資馬を現物出資した日
・募集対象口数は募集口数の98%とし、募集対象口数が満口になった時点

なるほど、満口になるまえに愛馬会法人(ラフィアンターフマンクラブ)からクラブ法人(サラブレッドクラブラフィアン)に現物出資すれば、募集期間中で満口になっていなくても募集終了にできるのは規約上は問題ないようです。

もっとも、「走る馬は募集終了にする」というのが事実とすれば、ラフィアンより(個人名義の)コスモを優先するような背信行為はない、という言葉があやしくなり、長期的に会員の信を失うのでよろしくないと思うのですが。

ところで規約を読んで気付いたのですが、前期募集の際に募集口数を超える応募があった際には出資額等の累積額が多いものを優先する、ということが明記されているのですね。

今回の3次募集は「特別募集のため、出資実績による優先枠はない」とされており、ポイント制に反対な私は心の中で拍手を送っていたのですが、規約にない運用をしてしまって大丈夫でしょうか。金融庁検査とか。

日々コンプライアンスに追われているので、つい気になってしまいました。

|

« 政策官庁の足腰 | トップページ | 相手が強いいい »

ラフィアン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 規約:

« 政策官庁の足腰 | トップページ | 相手が強いいい »