« 母指球 | トップページ | 独立外交官 »

2009年2月27日 (金)

アフガニスタン警察の給料支給

外務省のHPには何も掲載されていませんが、BBCでは日本がアフガニスタンの警察官の給料を支給する、というニュースが流れています。

Japan has said it will pay the salaries of about 80,000 Afghan police officers for the next six months as part of its drive to help regeneration there.

こうした分野の支援にくわしくないのですが、従来、相手国政府職員の給与など、経常経費と言われるものに対しては、相手国の自助努力を促すとして、これまで支援の対象からは外すのが一般的だったと理解しています。

なので、経常経費ではなく、投資的支出(建物や機材など)を対象とした支援が多かったわけですが、途上国からは経常経費、投資的支出の別なく、財政一般を支援してほしいという要望が強く、一部ドナーからも途上国の行政能力水準によっては財政支援が効果的、という主張がなされていたところです。

日本政府がアフガニスタンの警察官の給与を支給するということは、それだけ、アフガニスタンにとっては治安の回復が重要課題であることを示している、ということなのでしょう。

|

« 母指球 | トップページ | 独立外交官 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アフガニスタン警察の給料支給:

« 母指球 | トップページ | 独立外交官 »