« サンベルナール、チャンスか?! | トップページ | 予算書を読む »

2009年2月 1日 (日)

役所が貪る「外国人介護士・看護師受け入れ利権」

日経Biz-Plusに「ニュースを斬る これでは派遣切り予備軍に 役所が貪る「外国人介護士・看護師受け入れ利権」」という記事がありました。

記事の趣旨は、

  • フィリピンやインドネシアから受け入れる外国人介護士・看護師の日本側施設へのあっせん業務は厚生労働省の関連機関が、また日本にきてからの研修は経済産業省や外務省の関連機関が行うことになっており、天下り先の利権となっている。
  • そのように税金を投入しても、日本人には必要ない「介護福祉士」の資格を来日3年後に取得することを義務付け、合格しなければ帰国する制度になっているが、現状では受かる人数は少ないと思われることから、結果的に税金が無駄になっている。

というものです。

コメント欄をみても、「役人の利権確保はけしからん」という趣旨のものが多いようです。

この分野に詳しくないので的外れなコメントかもしれませんが、読んで思ったことをいくつか。

厚生労働省は受け入れ・あっせん業務を「国際厚生事業団」に行わせていますが、「厚生労働省の天下り団体だからけしからん」とはいうものの、このような団体の他に代替となる受け皿はあるのでしょうか。

医療分野での外国の人材を受け入れ、日本各所の介護福祉施設の要望とマッチング作業をさせるという業務をやっている民間企業があればそこに外注すれば「役所の利権」と批判されることはないのでしょうが、そういうマーケットはこれまでなかったことから、一足とびにこれを国際厚生事業団以外の団体に任せるというのは無理があるのでは。

もちろん、国際厚生事業団のパフォーマンスはきちんと検証されるべきですが(コンピューター上のマッチングだけ、というのは大丈夫なのかという気はします)、関連団体に委託するから即利権の確保だ、と決めつけては気の毒です。

また、後段の、「資格を取らなければ帰国」という点は、「日本人なら必要ないものを強制している」と批判していますが、これはまさに日本人でないからこのような方法をとらざるを得ないのだと理解しています。

そもそも外国人労働者の受け入れについては我が国は消極的なスタンスをとっており、技能労働者や熟練労働者に限り受け入れを認める、というのが基本です。世論的にも外国人労働者の受け入れ(ひいては移民の受け入れ)にコンセンサスがないなかで、役所の判断だけで資格のない人もずっといていいですよ、とはなかなかいえないでしょう。

私も一発合格しなければ帰国せざるを得ないというのはどうかと思いますが、それを責める相手は、役所というより、外国人労働者や移民の受け入れに否定的な一部の世論ではないでしょうか。

それにしても、介護士さんたちの日本にきてからの研修費用がODAだとは知りませんでした。

確かに労働者からの送金は途上国の貴重な外貨獲得源ですが、一義的にはすべて日本国内で落ちるお金で、目的は日本の介護施設で働くにたる語学を学ぶことなのに、それを途上国の開発目的というのは違和感があるなあ…。

【参考】「オバケODA」を退治せよ?

|

« サンベルナール、チャンスか?! | トップページ | 予算書を読む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 
長妻大臣はこのごろお役人様とねんごろだそうだなぁ。

ニュースを聞く度、発言がねんごろ。ねんねんころりと、おねんねだよねぇ。お役人様と一緒にさぞ気持ちいいのだろうねぇ。

         ~♪ 長妻コロリ

投稿: 風の旅人 | 2010年3月12日 (金) 21時57分

入江さん、こんにちは。
そうなんです。私もまず最初に思い浮かんだのが芸能人ビザで来日する人たちをあっせんしている方々でした。
そのほか、研修生制度ではブローカーのような会社が給料のピンはねして恐るべき低賃金で働かせているような実態が一部にせよあることを考えると、制度が軌道にのるまでは公的機関が行うという選択肢はありだと思います。
公的部門を叩くのが昨今の流行ですが、そういう切り口ばかりだと正しい解決策からかえって遠のいてしまうと思うのですが…。

投稿: participant | 2009年2月 3日 (火) 00時26分

「医療分野での外国の人材を受け入れ、日本各所の介護福祉施設の要望とマッチング作業をさせるという業務」というのを現状で民間企業が出来るのでしょうか。そもそも厚生労働省の認可を受けられるのか。でもできたらできたで、芸能人ビザで東南アジアから入国している以上に、胡散臭いものを感じますが…。

投稿: 入江たのし | 2009年2月 1日 (日) 21時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 役所が貪る「外国人介護士・看護師受け入れ利権」:

« サンベルナール、チャンスか?! | トップページ | 予算書を読む »