« サンベルナール転厩緒戦 | トップページ | 資本主義はなぜ自壊したのか »

2009年3月21日 (土)

世が世なら

金曜日、ドラえもんTV放映30周年スペシャルを子ども達とみていたのですが、「さようならドラえもん」の回で、夜の公園でのび太がジャイアンに殴る、蹴るの暴行を加えられているシーンをみて嫁さんがポツリ。

「現実にこんなことがあったら児童相談所送りだね」

確かになあ。

小学生の子供が夜出かけて行って、アザだらけになってメガネも壊されて帰ってくるんですから、結構大変なことだ。

フィクションの世界に法を当てはめてみるという点では、これが面白かったです。

おばあさんを殺したタヌキに報復した「かちかち山」ウサギに懲役9年…香川の小学校で模擬裁判

|

« サンベルナール転厩緒戦 | トップページ | 資本主義はなぜ自壊したのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世が世なら:

« サンベルナール転厩緒戦 | トップページ | 資本主義はなぜ自壊したのか »