« まっとうな経済学 | トップページ | 山内先生 »

2009年7月20日 (月)

チャレンジ地方競馬

社台の今年の募集には地方競馬に入厩する馬たちがいます。

まだ残口がある馬があり、価格も最も安い牝馬だと総額700万円なので、これなら私にも手が届きそうです。

で、つらつらと南関東4競馬場のサイトでデータ検索などしておったのですが、うーむ、入厩予定厩舎の現役所属馬の獲得賞金を見ていると、牝馬で地方競馬における総賞金が700万円を越えている馬というのはそういません。

2歳の早いうちにフレッシュチャレンジに勝って、中央競馬に参戦して賞金を稼げればよいですが、そのチャンスを逃してピュアに南関東の所属だけでプラスを出そうとすると、よほどの馬でないと厳しそうです。

もっとも、中央競馬のようにJRA-VANなどで詳しくデータをみたわけではないので、正確なことはなかなか言えませんが、中央競馬であれば33戦1勝のサンベルナールのような馬でも獲得賞金が2000万円を超えていることを考えると、預託料の差はあるといっても、賞金差を超えるなにか(平日も会社帰りに愛馬を応援できる!とか)がないと、ちょっと手が出しづらいです。

とかなんとか言いつつ、未練たらしくカタログを矯めつ眇めつしているのですが(^^;

|

« まっとうな経済学 | トップページ | 山内先生 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジ地方競馬:

« まっとうな経済学 | トップページ | 山内先生 »