« 援助の世界も競争の世界 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

2009年12月15日 (火)

ルワンダ中央銀行総裁日記

Rwanda_central_bank 本屋さんで平積みになっているのをみて、思わずひったくるようにして買ってしまいました。

「ルワンダ中央銀行総裁日記」(服部正也著、中公新書)

今から18年ぐらい前に読んだことがあり、その当時も感銘を受けたのですが、その後どこかにいってしまい、本も絶版になって「もう2度と読めないのだろうか」と思っていたところでしたので、復刊は大変うれしかったです。

筆者は1960年代後半にIMFの支援の一環で、日本銀行からルワンダの中央銀行の総裁として赴任します。

経済統計も帳簿もきちんとつけられていないルワンダ中央銀行で、しかも旧宗主国の企業が有利になるように恣意的に組み立てられているこれまでの仕組みを、日本銀行で培った経験と熱意で政治家や地元資本家の理解を得つつ、金融政策の知識をフル活用してルワンダ経済を活性化させていく様子は大変エキサイティングです。

しかも引き込まれて読んでいるうちに金融政策、経済政策のイロハも分かるというおまけ付き。

古い本ですが、今読んでもその輝きは素晴らしいです。国際協力かくあるべし。心が疲れたときに読むと元気になる本としてもお勧めです。

|

« 援助の世界も競争の世界 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

KFLさん
明けましておめでとうございます。返信遅くなりまして申し訳ありません。

サンベルナール、また無事に走ってくれそうでなによりです。本当にこの馬の丈夫さには感心させられます。上位進出にはもうワンパンチ必要ですが、同じレースで走っていた馬が中山大障害に出走しているのをみると、サンベルナールもGI出走の日がくるのでは、と期待してしまいます。

ルワンダ中央銀行総裁日記、私の記事をきっかけに読んでいただいているそうで、ありがとうございます。私の書いたものを何らかのお役にたてて頂いているのは嬉しい限りです。

今年もぜひよろしくお願いいいたします。

投稿: participant | 2010年1月14日 (木) 23時13分

ご無沙汰しています。
今年もよろしくお願いします。

サンベルナールは今日入厩しましたね。
本当にすごい馬です。
頭が下がります。

ところで、上記の本を年末に買い、
今日から読み始めました。
まだちょっと読んだだけですが
とても興味深く読めています。
ご紹介ありがとうございました。

投稿: KFL | 2010年1月 6日 (水) 21時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルワンダ中央銀行総裁日記:

« 援助の世界も競争の世界 | トップページ | 新年あけましておめでとうございます »