« 西伊豆 | トップページ | 「経済学」教育の重要性 »

2010年3月29日 (月)

もし日本がいま戦国時代だったら

20103_034 16世紀、戦国時代だった頃は、国際社会との接触もごく限られていたので外国からの干渉もありませんでしたが、もし今が戦国時代だったらどうだったでしょう

そうした内戦状態の国は、国際社会が放っておかないでしょうから、国連の平和維持軍がやってきて停戦状態をキープしたり、難民保護キャンプが設置されたりするんでしょうね。

で、各地方ごとに固有の文化・言語がある、といった差を示す研究なんかが出されたりして、各戦国大名たちが国際社会に「独立」を求め、民主選挙の導入を条件に各大名が「国」として独立したりなんかして、日本は小国の連合体になる。

そんなばかな、と思われるかもしれませんが、そもそもの設定がありえないのはさておき、「民主主義がアフリカ経済を殺すを読んでからは、あながち外れていないのではないかと思いました。

たとえば、ユーゴ紛争を経て結局セルビアから独立を宣言したコソボなんかは、面積は岐阜県ほどしかありません。たとえば九州や四国が一つの国として独立していたって別に不思議はないわけです。

そうした小さい国が経済的にも安全保障的にもスケールメリットが発揮できず、不安定な存在になりがちなことは、「民主主義がアフリカ経済を殺す」に書いてあるとおりです。

そう考えると16世紀に徳川幕府が全国を統一し、明治維新の際にも内戦に陥りながらも速やかに近代的な中央集権国家を作った先人たちに改めて感謝の念が湧いてきます

|

« 西伊豆 | トップページ | 「経済学」教育の重要性 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

O2さん、こんにちは。
本当に国を思って行動できる人物が必要というのはそのとおりですよね。日本が幸運だったのは島国で、明治維新の際には「日本の国」への帰属意識がそれなりにあったのではないかということです。それがなく、藩への帰属意識だけであれば「国を思う」人も出てきようがなかったわけですから…。

ルワンダの発展振りにルポ、見逃しました。NHKオンデマンドで見てみます。アフリカについては問題ばかりが報道されるのですが、明るい側面もたくさんあるということですね。
NHK、私も好きですよ(笑
以前、NHKの集金にきた人にそれを伝えたらものすごく感動されました。「私もNHKが大好きで、それで集金人をやっているんです!!」とおっしゃっておられ、それを聞いて私のNHK愛はまだまだだな、と思いました。

投稿: participant | 2010年4月 5日 (月) 23時51分

ブログへは初めてコメントさせて頂きます。

NHKで「坂の上の雲」や「龍馬伝」を放送していますが、本当に幕末・明治期にあのような人材を持てた、ということは、日本にとって幸福なことだったのだろうと思います。1つの国が発展をしようという時は、自分の利益ではなく、本当に国を思って行動できる人物が必要なんですよね。

話は少し変わりますが、今夜のNHKスペシャルでルワンダの発展ぶりのルポをやっていたのですが、ご覧になりましたでしょうか。「ホテル・ルワンダ」のイメージがあったので、少し衝撃を覚えました。アフリカの発展というと、中国とか汚職まみれの政治家といったイメージが先行してしまうのですが、民族の隔てなく富がきちんと分配されて、無理なく発展すればいいな、と思いました。

…NHKのことばかり書いてすみません。決してNHKの回し者ではありません。。。

投稿: O2 | 2010年4月 5日 (月) 01時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もし日本がいま戦国時代だったら:

« 西伊豆 | トップページ | 「経済学」教育の重要性 »