« 決めたことを後悔しない方法 | トップページ | 感謝の言葉 »

2010年3月14日 (日)

とうとう出資

いつまでも様子見したり比較検討したりするのに疲れたので、根負けして以下の2頭のユニオン馬に出資しました。

Hamptoncourt ネオユニヴァース×クレアコート(牝)、競走馬名ハンプトンコート

ネオユニヴァースの子供たちは牡馬は大活躍しているものの、牝馬はミクロコスモスが目立つぐらいで、牝馬が活躍しているゼンノロブロイ産駒のアーミールージュとどちらにするか悩んだのですが、馬体や脚勢がこの馬のほうが好みだったので選びました。

あと牝馬G1を複数獲っている小島茂厩舎予定であること、育成が山口ステーブルで行われていることも加味しました。

母の父Glint of Goldはパリ大賞典、サンクルー大賞典等の中長距離戦線で活躍した名馬ですので、この馬にもそうした底力のあるところを期待します。

Firstnight ディープインパクト×ファーストナイト(牝)、競走馬名ローズアダージョ

おばにバランシーンという良血馬。ラムタラが勝った時の凱旋門賞でみているはずなのですが、今一つ記憶がありません…。

父がディープインパクト、母の父がサドラーズウェルズと血統的にはいうことはないとはいえ、牝馬で4200万円というのが尋常ではない金額というのはよくわかっているつもりです。500分の1口への出資とはいえ、こういう馬に手を出すのは正気の沙汰ではありません。

が、もともと競走馬への出資そのものが正気の沙汰ではないわけで。

競馬というものは、ごく一握りの優秀な馬が大きな賞金を得る仕組みになっており、その一握りの馬をもつという夢を追ってもいいのではないかと思い、申し込んでしまいました。

もちろんそれだけが理由ではなく、厩舎がトップトレーナーの矢作厩舎であること、育成がシュウジデイファームであること、そのシュウジデイファームに掲載されている本馬の写真がすばらしいと感じたこと、サドラーズウェルズが好きなこと、バランシーンとも縁があること、などなどのもろもろを勘案しました。懸念点は、ユニオンでは実績のない牧場出身ということと、あまり父ディープインパクトに似ていないことでしょうか。

出資したからには、後は応援あるのみ。長い馬選びの苦しみ(?)から解き放たれて、晴れ晴れとした心境です(笑)。

|

« 決めたことを後悔しない方法 | トップページ | 感謝の言葉 »

ユニオン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

たまさん、こんにちは。
確かにP38アーミールージュとP39クレアコートは悩みました。ゼンノロブロイ産駒の牝馬がこれだけ走っていますし、矢野牧場の募集馬は近年本当に好調ですしね。

でもなぜP39にしたかというと、秋頃の写真が素晴らしく綺麗だったからでして、どうしても気になる一頭だったのでえいやで決めて、あとは思いっきり応援しようと。

ローズアダージョは当歳時の写真ではひょろっとした感じであまり印象になく、しばらくはグランド牧場のディープインパクト産駒に惹かれていたのですが、今年に入ってからの写真が、おっしゃるとおり、本当にかっこよくなっていて、出資してしまいました。

こう書いているとますます楽しみになってきました。ぜひウイナーズサークルでお会いしたいですね(といってもユニオンの場合当選するのが大変ですけど(^^;)

投稿: participant | 2010年4月29日 (木) 23時53分

こんばんは。
本のほうでひっかかりましたが、ようやく馬まで辿りつきました。
P38かP39は悩みますよね。
でも、そこで悩むとほとんどのヒトはP38を選ぶ気がしますし、そのへんがこの仔の人気の無さなんだろうな…とは思います。
でも、他の馬はどうあれ、ハンプトンコート単体で見ていけば、魅力的なところが沢山ありますし、頑張って欲しいですね!
ローズアダージョはもう、「モノが違う馬というのはこういう馬のことか!」と思わされるくらいカッコイイと思ってます。どんな競馬をしてくれるのか、楽しみにしています。

投稿: たま | 2010年4月29日 (木) 22時54分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうとう出資:

« 決めたことを後悔しない方法 | トップページ | 感謝の言葉 »