« 札幌2歳S観戦記 | トップページ | 牧場の写真 »

2011年10月 4日 (火)

牧場訪問記

札幌競馬場で2歳Sを観戦したあとは、ビッグレッドファームを訪問しました。

あいにく前日の雨模様が残っていて、かつ寒かったのですが、馬をみるとそんなことも忘れてしまうのが不思議なところです。

2_052 今年の出資馬、ロストインラヴの10(父ダンスインザダーク)は、近況では爪に痛みがあり調教を休んでいるということでしたが、実際にはもう痛みは治まったそうで、真歌の坂路をキャンターで登っていました。

馬体には丸みがあって程よく体格があり、期待通りに育っているようでした。牧場の担当者の方も、まだ乗り始めて間もないのですが、との前置きつきで、この時期はフラフラした動きの馬が多い中でロストインラヴはしっかりとした動きができる、とコメントして頂きました。

以下は、私の出資馬ではなく一緒に行ってくれた友人の出資馬なのですが、あわせて報告しておきます。

2_057 左の写真は、マイネルユリウスですが、非常に力強い馬体をしており、牧場スタッフの期待も非常に大きいようでした。NHKマイルはこの馬で、とのこと。以前は、こぶしの動きひとつで吹っ飛んで行ったのが、調教によって随分と落ち着いてきたとのこと。

2_067 友人は、社台の会員でもあるので、ビッグレッドファームの次は社台ファームおよびノーザンファーム空港へ。写真は、アンレヴマン(父キングカメハメハ、母グランパドドゥ)。もうすぐ入厩とのことですが、雄大な馬体に圧倒されました。すごい迫力です。これでまだ2歳なのですから驚きで、競馬場でみるのが楽しみです。

2_078 次は、アンレヴマンの全弟です。

兄に比べてまだ1歳なのでさすがに体は子供っぽいですが、しかしそれでも雰囲気のある馬です。丸みがあって柔軟性のなかにも力強さがある、いかにもキングカメハメハらしい、見ていて飽きない、いい馬のように思いました。

2_086 最後に、父クロフネ、母ホワイトケイティーディドの1歳馬。あのスリープレスナイトの全兄弟になります。馬体は小さめながら、体重はすでに440kg台ありバランスがとれているがゆえにまとまって見える、そんな印象を受けました。

こうやって牧場めぐりをするのは、10年振りだったのですが、牧場のスタッフのみなさんに大変丁寧に対応頂き、非常に楽しかったです。週末に1泊2日で行くのではあわただしく、次はぜひゆっくりと時間をとっていきたいと思います。

|

« 札幌2歳S観戦記 | トップページ | 牧場の写真 »

ラフィアン」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

マカティさん、こんにちは。
コメント頂きありがとうございました。
確かに牧場にいって、改めて一口をやっていて良かったなと思いました。スタッフのみなさんから直接いろいろとお話を聞けて、こんな風に育成されているのだ、ということを知るのと知らないとでは大違いだと思います。
1年に一度は行けたらよいのですが…。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: participant | 2011年10月 6日 (木) 07時29分

いつも楽しく読ませていただいています。牧場めぐりいいですね。一口馬主の魅力は、牧場にあると考える私ですが、そんなに行くことはできないので、今回の話は特によかったです。ロストインラヴ10も順調に進んでいるようでなによりです。来年の活躍を期待しています。

投稿: マカティ | 2011年10月 5日 (水) 23時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牧場訪問記:

« 札幌2歳S観戦記 | トップページ | 牧場の写真 »